カンジダが再発するのは免疫力の低下?

ストレスを受ける男性
性病と思われがちなカンジダですが、カンジダを発症させるカンジダ菌は、性器の粘膜周辺や消化管、皮膚などに常在しているため、主な感染経路はそうした自分が持っている菌による自己感染が主となっています。
つまり、カンジダ菌は体が健康な時には問題がなく、悪影響を与えないのですが、体調不良や疲労、ストレスなどによって体の免疫力が下がると異常に増殖し、様々な影響を与えるようになる菌ということなのです。
ですので、もしも、一度、カンジダ症となり病院で治したあとに再発した場合、免疫力の低下が一つの要因として考えられます。
病院でカンジダ菌が検出されないようになったとしても、実際には検出できない程度の菌が残っていることは珍しくありません。
そもそも、カンジダ菌は先述したように常在菌ですので0になるということは不可能で、こうした残った菌が免疫力が低下した時に再度増殖をしてしまうことがあるのです。
何度も再発を繰り返すような場合は、自身が免疫力が低下するような生活習慣を送っている可能性を疑って、一度生活を見直し、再発しにくい環境をつくるように心掛けることが大切なのです。

ただし、カンジダが再発するのは免疫力の低下だけが関係しているわけではありません。
もう一つ考えられるのが、過剰な洗浄です。
一度発症して治した後は、多くの人が再発しないようにと陰部の清潔を保とうと必要以上に洗浄してしまいがちです。
しかし、これは逆効果で、あまりに過剰に洗浄してしまうと陰部に本来備わっているバリア機能まで洗い流してしまうため、カンジダ菌が増殖しやすい状態にしてしまうのです。

このような時に性交渉をすると再感染して再発ということが起こってしまいます。
また腸管に常在している菌が外陰部を経て、陰部へ感染するということもあるため、それによって再度、発症してしまうという自己感染も起こりやすいのです。
カンジダ菌の再発は免疫力の低下によって残っていた菌が再増殖するケースと清潔にしすぎたことによって再感染するケースの2つのケースが考えられるのです。

妊娠中にカンジダになりやすいのは何故?

妊娠中にカンジダ症と診断されることは珍しいことではありません。
妊娠中の女性の体には様々な変化が起こるものですが、その変化がカンジダ菌にとって増殖のきっかけとなってしまうからです。
例えば、つわりが酷ければ体力が落ちてしまいますし、女性ホルモンのバランスが乱れることでおりものが増えたり、体温が高くなって汗をかきやすくなる人も少なくありません
またお腹が大きくなってくると下着で覆う面積も広くなるため、下半身が蒸れやすいという状況にもなります。
このような変化は妊娠中であれば当然のことですが、普段よりも性器周辺が高温多湿の状態で、おりものの増加や体力の低下などが加われば、カンジダ菌が増殖しやすい環境となってしまうのは避けられないといえるでしょう。

妊娠中にカンジダ症を発症してしまう妊婦は多いのですが、だからといって、対策をとることはなかなか難しいのが実情です。
なぜなら、妊娠による体の変化は絶対に起こりえることで、変にそれを抑えようとすると胎児にとって悪影響となることもあるからです。
しかし、そのままにしておくわけにもいきませんので、できるかぎりの対策をすることは大切です。

まず体力を落とさない生活習慣を送ることです。
食事は栄養のあるものをしっかりとることが大事ですが、もしも、つわりで食欲がない場合は、少量でも栄養価の高い食材を摂取するとよいでしょう。
また疲れた時には無理をせず、睡眠をとってしっかり体を休めることが大切です。
こうしたことに加えて、体の変化に合わせて着用する下着も替えるようにしましょう。
妊娠初期はこれまで使っていた下着でも問題ないのですが、お腹が大きくなる妊娠中期以降は通気性があって汗を吸収しやすいマタニティ用の下着がベストです。
妊娠中はカンジダ菌が増殖しやすいため、こうしたことに気を付けて対策をとることが必要なのです。