エンペシドにジェネリック薬はある?

ジェネリック
エンペシドは、膣カンジダ症の薬です。
エンペシドを使用すれば、通常は3日ほどで治ります。
またカンジダ症になる方は、途中で使用を中止してしまうことが多いのですが、膣内にカンジダ菌が残っているとまたかかってしまう可能性が高まります。
自分判断での使用や中止は、逆に菌を強くさせてしまう恐れもあるので、治りが遅い場合には医療機関を受診しましょう。

エンペシドはカンジダ症に使用できる薬ですが、病名が不明なまま使用するのは大変危険です。
必ず医療機関で適切な処置方法を聞いてから、医師と相談の上使用しましょう。
病院で処方されるものと一般薬とは同一成分が配合されていますが、用法や用量が少し違っています。
15歳未満で初めてカンジダ症にかかった方、高齢者の方は、他の病気の可能性も疑われるので必ず病院にかかりましょう。
その際、早まってエンペシドを使用することのないよう気をつけましょう。
一般的には医師への受診がなければ、エンペシドは使用できないことになっています。

エンペシドはイミダゾール系の抗真菌成分、クロトリマゾールを配合しています。
高い抗菌作用で大変有効的です。
あまり副作用も見られないので、安全性が高く安心感もあります。
発泡錠なので隅々まで広がり、余すところなく効果を発揮できるところが素晴らしい点です。

膣カンジダ症は接触によって感染のおそれがあるので、家族や近しい人とのタオルなどの共有は避けましょう。
性交渉によっても感染することがあるので避けた方が無難です。

エンペシドには、エルシドというジェネリック薬があります。
エンペシド同様、菌の繁殖を抑える薬です。
膣カンジダ症の他に、水虫やたむし、脂漏性皮膚炎、間擦疹、癜風にも使用されます。
ジェネリック薬は同等の効き目が期待できるのでおすすめです。

ジェネリック薬とは、効き目や安全性はそのままで、味や形状に変化を持たせ飲みやすくした薬のことです。
有効成分が同じでなければ販売されないため、どんなジェネリック薬も非常に安全性が高く仕上がっています。
病院でどちらか選択を迫られたら、迷わずジェネリック薬を貰って問題はありません。

個人輸入を利用すればさらに安く買える

エルシドは病院で処方されるものですが、個人輸入を利用すれば手頃な値段で購入することができます。
一般の病院では価格が定められているため、安く購入はできません。

手頃な値段で購入したい方にオススメの、個人輸入代行サイトがあります。
ファミリーファーマシーグローバルや空詩堂は個人輸入に大変便利なサイトです。
支払いもクレジットカード、銀行振込と選ぶことができます。
日本の法律で定められている量は購入できるので、常備しておきたい方にはいいですね。

個人輸入のメリットは、病院にかからなくてもいいので余計な手間や時間を省くことができ診療代などもかかりません。
忙しい方にはありがたい購入方法です。
デメリットとしては、海外から輸入するので到着に日数がかかってしまうことです。
手頃な値段で購入したい場合には最適です。
海外通販なので値段は為替などによっても変動しますが、病院へ行くよりも手頃な価格で手に入ります。
ずっと病院にかかるのには結構な費用がかかるので大きな負担になります。
膣カンジダ症によくかかられる方は知っておいても良いことだと思います。
手頃な値段で購入しておけば、いざという時のために家に常備しておくこともできますので安心感がありますね。

個人輸入とは言っても、国内での購入方法と同じなのであまり心配は要りません。
医薬品専門店の通販サイトもあり、正規品を取り扱っているところも多いのでよく調べてみましょう。
日本のドラッグストアでも、病院で処方される薬と同じ成分のものが販売されていることがありますが、値段は割高となっています。
近場で購入できるメリットはありますが、価格を抑えたいのであれば個人輸入がオススメです。
サイトによっては安全性が確認できないところもあるので注意が必要です。